交通事故被害に遭ったとき、その後どのように対応すれば良いのでしょう?
行政書士は、お客様の立場に立って、ご支援いたします。
 


 

下記が一例です、


事故調査

事故の内容について双方の言い分を聞き、事故現場を実際に見て、事故調査報告書を作成します。また、判例等に基づき、民事上の過失割合の目安を提示します。調停や裁判での証拠書類としても使えるように作成します。

慰謝料の計算

死亡や後遺障害だけでなく、ケガをした場合に提示された慰謝料について納得できない場合、適切な慰謝料を計算します。

自賠責保険請求

自賠責保険(強制保険)の請求一切をお引き受けします。
自賠責保険支払請求書・事故発生状況報告書・通院交通費明細書・付添看護自認書などすべての書類作成および代理人として保険金請求書提出を行います。

損害賠償請求

自賠責保険(強制保険)の対象でない、物の損害や自賠責保険の支払い限度額を超えた治療費等の請求書を作成します。相手方の提示した過失割合や損害額などに納得できない場合の反論書類も含みます。

示談書作成

相手方との示談書を作成します。文例のみの依頼もお引き受けします。

後遺障害認定異議申立書

自賠責保険(強制保険)で認定された後遺障害の等級について納得できない場合の異議申立書を作成します。