司法書士は民事裁判の手続きや相手方との交渉を代理できます(簡易裁判所訴訟代理)
司法書士には簡易裁判所における民事訴訟の代理権が認められており、司法書士の業務とされている訴状など裁判所への提出書類の作成はもちろん、依頼人に代わって調停・訴訟を起こすなど、相手方との代理交渉ができるのです。
これは、一定の研修過程を修了し、業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した司法書士「認定司法書士」であることが条件で、当事務所の代表は認定司法書士として認められており、これまでも多くの簡易裁判所訴訟代理業務を手掛けています。
簡裁代理認定司法書士に可能な業務
弁護する【簡裁訴訟代理】
お客様に代わって、簡易裁判所の法廷に出廷し、弁論します。
調停に臨む【民事調停代理】
一定の事件につき、お客様に代わって相手方との調停の場に臨みます。
相談を受ける【法律相談業務】
簡易裁判所の民事訴訟事件等について法律相談を受けます。
和解する【裁判外の和解代理】
裁判手続以外でも一定の事件について、お客様に代わって相手方との和解契約の代理をします。
執行する【小額訴訟債権の執行代理】
お客様に代わって、小額訴訟手続の代理からその強行執行手続の代理までができるようになりました。
当事務所において相談の多いもの
貸金の請求、契約解除における返還請求、賃貸借トラブル、家賃滞納、マンション管理費、交通事故、不動産の権利に関するもの、取得時効、消滅時効、不法占拠に関するものなど