契約書について
「契約」とは双方の合意さえあれば成立するもので、口約束でも成立してしまうのが原則です。
しかし、口約束は後に内容を確認したくてもできないため、双方の認識が食い違っていた場合にトラブルになりやすいものです。
この様な紛争を防ぐためにも、書面にて契約書を作成しておくことをお薦めいたします。 契約書を作成しておくことで契約の内容が明らかになり、取引もスムーズに行う事が可能になります。
契約書作成のメリット
契約内容を書面に残しておくことで、以下のようなメリットがあります。

1.将来のトラブル防止
書面にすることで契約内容が明確になり、双方の認識の相違などをなくし、トラブルを未然に防ぐことが期待できます。
2.契約履行への意識が高まる
書面にすることで、お互いの取引に対する意識が高まり、契約内容の実現へ向けて相手方の自発的な行動を促しやすくります。
3.裁判での有力な証拠になる
仮にトラブルとなってしまい訴訟となった場合、有力な証拠になります。
4.特約条項の活用ができる
特約条項を盛り込めば公序良俗等に反しない限り、法律より有利な条件を加える事が可能です。
ビジネスにおける契約書の重要性
ビジネスにおいて本来なら口頭で成立するはずの契約を契約書として書面化し、当事者同士で持ち合うのは、以下のような理由からです。

1.争いが起こった場合のよりどころとなる。
本来なら、契約は口頭でも成立しますが書面化するのは、あとで内容や契約の存在について争いがおこった場合に、内容や契約の存在を証明し、争いを解決するためのよりどころになります。
2.未然に紛争を防ぐ。
特にビジネスにおいては、お金や数字が絡んでくるので、紛争が起こりやすいものです。
口頭だけの契約の場合は、後で「あの時こう言ったじゃないか」とか、「いやそのつもりは無かった」 などと言って争いが発生する可能性が高いです。契約書は、そういったトラブルを未然に防ぐ役割を果たします。
3.取引のルールなどを決めて書面化しておくことにより、円滑にビジネスを進めることができる。
例えば業務提携を結んで仕事をする場合、ただ口約束で仕事を進めるより、きちんとルールを書面化しておくと、相手方もいい加減な仕事ができないと感じ、ビジネスが締まります。
契約書の種類
契約書には様々な種類があります。代表的なものを以下に記載します。
財産分与契約書     金銭消費貸借契約書(借用書) 和解契約書(示談書)
雇用契約書(労働契約書) 業務委託契約書         債務承認弁済契約書
根抵当権設定契約書 抵当権設定契約書     不動産売買契約書
動産売買契約書     動産質権設定契約書     動産譲渡担保設定契約書
土地賃貸借契約書 建物賃貸借契約書     請負契約書