マンション管理費滞納
管理費等の支払いは区分所有者の基本的な義務とされています。
しかし、近年その滞納者は増加傾向にあります。
滞納を放置すれば、管理組合に必要な資金が不足することは当然のことですが、滞納者が増加するとマンション管理そのものが立ち行かなくなり、支払いを滞りなくしている住民との間で不公平感が生じ、マンションの住民全体を巻き込んだ問題へと発展しかねません。
また、管理費の滞納が長期に及びますと、その滞納額も多額になり、滞納者の支払も困難になり、解決することがさらに難しくなります。
マンション管理費の時効
長期にわたる管理費滞納については、時効期間(5年)を考慮した、回収手続きを検討する必要があります。
マンション管理費の滞納金の消滅時効は、最高裁の判例により5年とされています。
管理組合規約について
多くの管理組合様が管理規約について、設立当時より大きな変化のないままが現状です。
国土交通省よりマンション管理規約のモデル文例なども適宜更新されていますが、「うちの管理規約と何が違う?」と分からないのでそのままにしている管理組合様が大多数です。
当事務所では、管理組合様の運営状況によりそれぞれの管理組合様に応じた管理規約をご提案できます。
マンション管理費等の請求に関する司法書士報酬について
どの管理組合様も費用をかけてまで回収業務を行うのは躊躇してしまう様です。
管理規約に徴収に要した費用、弁護士費用などを、滞納者が負担する旨、管理規約にきちんと定められている場合は相手方負担となりますので一度当事務所にご相談ください。
当事務所にご依頼するメリット
当事務所は大手管理会社様からも定期的にご相談、ご依頼頂いておりますので、多数の実績もあります。安心してご相談ください。