破産
個人再生
債務整理

破産
借金(債務)を整理し再スタートする方法とは?
債務整理には3つの方法があります。
「任意整理」「民事再生」「自己破産」

借入状況と債務整理後どこから再スタートをするかなど、選択する方法によってことなりますので、ご自身の望む形をまずは選択してください。

「自己破産」借金も財産も全てをゼロにして再出発。
「任意整理」長期に渡って無理のない金額で元金だけでも返済。
「民事再生」持ち家など財産を保持したままで債務整理。
任意整理
裁判所を介さずに債権者との交渉により債務の額を確定し弁済方法について和解すること。
任意整理は債務者本人がすることもできますが、裁判所を通さない「私的な」債務整理なので、債務者本人の交渉には応じてもらえないケースが多く、応じてもらえたとしても債権者有利の合意内容になってしまいがちです。
任意整理をしようとする債務者の方は、弁護士や認定司法書士などの専門家に依頼したほうがよいと思います。
任意整理をする場合は、すべての債権者との合意が必要になり、返済期間もあまり長期になると業者は応じてくれませんので、3年程度が目安となります。
民事再生(個人民事再生)
民事再生法による再生手続で、将来継続または反復して一定の収入を得る見込みのある者が、債務の一部を3年程度で支払い残額を免除してもらう制度です。
再生案が認められると、借金が「借金の5分の1か100万円の多いほう」に減額できます。
小規模個人再生(主に自営業者が対象)と給与所得者等再生(主にサラリーマンが対象)の2種類があります。
自己破産
破産とは、債務者が自分の全財産で借金を返済することが不可能になった場合に(支払不能)、強制的に財産を金銭にかえて全債権者に公平に分配する裁判手続です。
債務者自らが申し立てる破産を自己破産と呼んでいます。
債務者に一定の財産があるかないかで、破産申立後の手続が同時廃止事件と管財人事件の2種類に分かれます。
自己破産は、無職無収入とか収入に対して債務額が大きすぎて返済不能など、他の整理方法では解決できない場合の最終手段です。
まずは当事務所にご相談を
ご依頼頂いた場合、当日よりお支払いの督促がストップします。
当事務所の所長は消費者問題にも力を入れておりますのでまずは一度ご相談ください。