遺言書は、大切な人のために残してあげる
相手への思いやり、愛情表現です。
 遺言書があれば、
大切な人達が相続争いで困ることを防げます。
 遺言書があれば、
大切な人達の相続手続きの負担が軽くなります。
 遺言書があれば、
特定の人への財産を確実に残せます。
先ずはお気軽にお電話を!093−693−4282
初回面談は無料!

フットワークの軽さが売りです!
遺言書作成のお手伝い
遺言書は、大切な人のために残してあげる、相手への思いやり、愛情表現です。当事務所では、あなたの希望に沿った適切な遺言書作成をサポートします。 また、公正証書遺言の場合は公証役場への連絡、証人の(当職を含む)準備、当日の対応なども全面的にサポートします。
【遺言書作成のメリット】
1.遺言書があれば、大切な人達が相続争いで困ることを防げます
 相続が争族になったという話をよくききます。
 遺言があれば、大切な人たちの遺産争いを未然に防ぐ事ができます。
 特に争いになりやすいのは次のようなケースです。
  (1)複数回結婚してそれぞれに子供がいる
  (2)熟年再婚をした
  (3)夫婦に子供がいないなど

2.遺言書があれば、特定の人への財産を確実に残せます。
 遺言書がなければ、遺族は原則として法律が定めた割合で遺産を相続することになります。この割合を「法定相続分」といいます
 しかし現実にはこの「法定相続分」にかかわらず遺産を相続させたいと考える場合が多いと思います。例えば次のような場合です。
  (1)妻に全財産を相続させたい
  (2)可愛がっている孫や甥・姪に相続させたい
  (3)二人の子供のうち、どちらか一人に多めに相続させたい
  (4)子供の一人を相続人から排除したい
  (5)身の回りの世話をしてくれているお嫁さんや第三者に相続させたい
  (6)障害のある妻や子供を看てくれる人に相続させたい
  (7)可愛がっていたペットの世話をしてくれる人に相続させたい
  (8)施設などに寄付したいなど

3.遺言書があれば、大切な人達の相続手続きの負担が軽くなります。
 一般的に遺産の相続手続きにはかなりの手間がかかります。
 遺言書があれば手続きが進めやすく簡単になります。
 特に遺族の方が高齢や病気の場合、仕事が忙しく時間的余裕がない場合はなおさらです。
【遺言書に対する誤解】
世間では、遺言書について誤解している人が少なくありません。そこで、「よくある誤解」についての説明をしておきます。
(1)円満なわが家に遺言は必要ない
今ご家族が円満なのは、あなたがいてご家族を束ねているからではないですか?
相続はあなたが亡くなった後から始まります。
むしろ家族仲がよいからこそ、遺言書をつくるべきだと思います

(2)遺言を残すほどの財産がない
平成24年度の「遺産分割事件の財産額」(法務省司法統計)によると、1千万円以下の遺産で家庭裁判所の調停が成立した件数は、全体の30%超となっています。
つまり、約3件に1件は「少額でもめている」ということです。
また、少額であっても相続手続きは必要です。逆に紛争になったりすると専門家への依頼や裁判などで余計に無駄な出費が発生します。少額であればこそ必要だと思います

(3)遺言をしたら財産を使えなくなる
遺言はあくまでも単独行為であり、死後に効力が発生します。生前に処分した財産は、その行為で遺言を撤回したものとみなされます。
だから自由に処分していいのです。

(4)遺言を残すにはまだ早い、縁起がわるい
明日がどうなるかは誰にも分かりません。
逆に何時だったらと考えると答えがありません。
縁起が悪いと考えるより、遺言作成は、自分の人生を振り返り、自分にとって大切な家族について考える機会にして欲しいと思います。
【遺言書の方式】
普通の方式による遺言の種類は、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの方法があります。ここでは、主に利用されている自筆証書遺言、公正証書遺言について説明します。
1.自筆証書遺言  
遺言者が全文を自分で書く遺言書です。
 日付・本文・氏名を必ず自書し、押印しなければなりません。
 〔メリット〕
  (1)1人で、いつでも作成できる
  (2)遺言書を書いたこと、遺言の内容を秘密にできる
 〔デメリット〕
  (1)内容や様式に不備があると無効になってしまう
  (2)紛失の可能性がある
   (遺言書があることそのものが気づかれない恐れもある)
  (3)不利な内容を書かれた人により、隠匿・改ざんされる危険もある
  (4)開封するには裁判所の検認手続が必要なので、相続開始まで時間がかかる
2.公正証書遺言
 公正証書とは公証人が作成した文書のことで、公文書として強い証拠力があります。  
 公正証書遺言は、遺言者と証人2人が公証役場に出向いて作成します。
 公証人は遺言者の遺言の内容を聞いて証書を作成し、遺言者・証人2人・公証人がそれぞれ証書に署名・押印することで、公正証書遺言が完成します。
 〔メリット〕
  (1)公証人が作成するので、安全性・確実性がきわめて高い
  (2)原本を公証役場が保管するので、隠匿・改ざんの危険がない
  (3)裁判所の検認手続が不要なので、すぐに相続を開始できる
 〔デメリット〕
  (1)作成手続がやや繁雑になる
  (2)公証のための手数料がかかる
【自筆証書それとも公正証書】
遺言書の目的は、遺言者の意思を出来るだけ現実化することです。
そして遺言当事者は受遺者のために遺言書を作成しようと考えていると思います。
自筆証書遺言は費用と簡便な手続きが魅力ですが、受遺者の負担などを考えると公正証書遺言を選択された方が良いと思われます。
但し、自筆証書を選択される場合でも信憑性を高めるような書き方や工夫などについて全面サポートいたします。
また、緊急を要する場合は、自筆⇒公正という形も想定されます。その場合の進め方、費用などについてもお客様がご満足いただけるような対応をいたしますので、なんでもお気軽にご相談ください。

なお、費用につきましては、お金はどのくらい 標準報酬額をごらんください。
【よもやま話】
ドラマ「半沢直樹」の原作で知られる「池井戸潤」さんが描いた短編小説に「かばんやの相続」というのがあります。
京都で実際にあったかばんやの相続争いをテーマにしたものです。
 かばんやの3代目が死去、出てきた自筆証書遺言に基づき3代目と一緒に家業を行っていた三男が跡を継ぐことに。
 ところが、長男が別の自筆証書遺言を持ち出して来て、裁判に。
 三男は「第二の遺言書」の無効を主張も敗訴。筆跡鑑定は京都府警の科捜研。
 三男は会社を追われ近所でかばんや設立。
 三男夫婦は「第二の遺言書」の筆跡鑑定を別の大学教授に依頼。そして三男の妻がそれをもとに提訴。
 第一審は敗訴、大阪高裁で逆転勝訴
 今度は長男が上告も最高裁が棄却。
 よって三男の勝訴が確定。
争い開始から8年も経っておりました。
 3代目が公正証書遺言を残してさえいれば、兄弟の無用な争いを避ける事が出来たのになあと心からそう思います。