株式会社と合同会社の違いについて、説明致します。
設立費用の比較

□株式会社 約24万円
□合同会社 約10万円


ご自身で会社設立を行うとしても、最低上記金額が必要となります。設立費用を安く抑えたいという方は、合同会社の方がよいでしょう。

なお、当事務所に会社設立を依頼される場合、電子定款認証を行いますので、上記金額のうち印紙代の4万円が不要となります。

認知度

株式会社に比べ、合同会社は認知度が低いと思います。対外的信用を気にされる方は、株式会社の方が良いでしょう。
飲食店等を経営される場合、お店の屋号(商号)を掲げることが多いと思いますので、あまり気にする必要はないと思います。

役員の任期

株式会社の場合、役員の任期が最長で10年までしか延長出来ず、役員に変更が無い場合でも、登記の変更手続き(重任)を行わなければなりません。つまり、費用が発生します
一方、合同会社に関しては、任期の定めはありません。
よって、変更がある場合のみ、手続きを行うことになります。

配当金の分配

株式会社の場合、株式の保有数に応じて分配金が決定しますが、合同会社の場合は、これを任意に設定することが可能です。
つまり、それぞれの会社事情に応じて、資本金の出資比率とは異なる比率で、配当を行うことが出来ます。

まとめ


株式会社と合同会社の違いに関しましては、お客様からよくお問い合わせをいただきます。
設立費用、認知度、ランニングコスト等を比較衡量してどちらを選択するか決定しましょう。
最初は、小さく事業を始めたい方や、家族経営等で事業を行う予定の方に関しては、合同会社の設立をお勧めしております