各種契約書
内容証明
公正証書
等の権利義務に関する書類
の作成・相談
○契約
「契約書」を作ることで、あとあとのトラブルを予防できます。
 アメリカなどはよく「契約社会」と言われますが、その約束事で考えられることをきめ細かく書面(契約書)に残すことが当然とされています。
日本も今後ますます業務の複雑さや多様化などが進展し、今までの「口約束」的程度のものでもしっかりと書面に残さないと、いつ無用な争いが起こるとも限りません。
 契約書を交わすことにより、未然にトラブルを防止できます。契約書を作成するときに、「最悪の事態」を想定するのです。
 その「最悪の事態」が想定され、契約書で適切に文書化されていれば、仮に紛争になってもちゃんとした証拠になります。ぜひ、契約書の重要性を再認識してください。
契約書の例
  贈与、売買、交換、消費貸借、使用貸借、賃貸借、雇傭、請負、委任、寄託、協議
○内容証明郵便
内容証明郵便とは、簡単にいうと字のとおり「○年○月○日に誰から誰あてにどのような内容の文書が差し出された」かの内容を郵便局などが証明してくれる郵便です。
意思表示をハッキリとして、その証拠を残すもので、契約解除.クーリングオフ.時効の中断など郵便を出すことで効果を生じるものと債権回収のほか相手が債務不履行にある場合にする債務履行の請求など相手方を牽制、威嚇するものがあります。
○公正証書
公正証書は長年法律実務に携わった公証人が、権利義務に関する事項について作成した証書です。
公正証書は強い証拠力があり、一定要件を備えたものは強制執行力を持ちます。
公正証書の活用で万一のときに備えましょう。

当事務所では公正証書の作成をお手伝い致します。
○補償説明等
たとえば、新しく道路が作られるあるいは拡幅されるなどで住まいやお店が計画にかかり、国や県などに買収・立退きを求められることがあります。
この場合、買収される側は通常の不動産の売買と違い、別に売りたくはない住まいやお店などを突然売ってくれと交渉され、しかもその背後には土地収用法による強制収用が控えており、その精神的苦痛、悩み、不安は大変なものがあります。
しかしこの精神的苦痛などに対しては補償されないこととなっています。
一般の方には補償の考え方は馴染みがなく、よくわからないのが通常です。
当事務所では補償業務管理士として長く携わってきた補償業務の経験を活かし、公共用地として住まいやお店等を買収される方々に補償の考え方をご説明し、精神的苦痛、不安などを少しでも和らげるようアドバイス等も行います。
お気軽にご相談ください。