当事務所では入管業務・入管に関する申請取次業務に
対応しております。

申請取次業務とは、入国管理に関する手続きの際に
本人に代わって入管に出頭して手続きを行うというものです。

このような業務を行う行政書士を申請取次行政書士といいます。

申請取次行政書士に入管関係の業務を依頼されれば、
わずらわしい入国管理関係の手続きは行政書士が代わって行います。

外国人の方々が日本に在留するための申請等については、出入国管理及び難民認定法施行規則に基づき、所属の行政書士会を経由して地方入国管理局長に届け出た行政書士は、申請人本人に代わり、地方入国管理局に申請書等を提出(申請取次)することを行うことができます。外国人の方の入国・在留などの諸手続には、人生を左右する重大なものも含まれますので、ご自身での手続が困難とお感じになられましたら、申請取次行政書士にご相談ください。
また、日本国籍への変更(帰化)は国籍法によって定められており、帰化許可申請手続につきましても行政書士がご相談に応じています。