相続人は誰になるのかわかりましたか?
ではその相続人は法律上、どれだけ相続するのでしょうか?

アクセス行政書士事務所
 行政書士 一ノ瀬大輔
Tell/Fax 093−282−3802


■法定相続分とは

複数の相続人がいる場合には、遺産に対する分け前が法律により決められています。これを法定相続分といいます。
法定相続分は、遺言書がない場合においては、この決められた割合で遺産を分割するのが原則です。しかし、遺言書がある場合には、この法定相続分に関わらずに分割割合を決めることが出来ます。

例えば、配偶者と子が法定相続人の場合

配偶者 1/2    子  1/2

となります。子が2人いれば1/2を2人で分けますので、子一人1/4となります。


配偶者と子の場合は上記のとおりですが、他の場合も説明します。


配偶者と祖父母が相続人の場合

配偶者 2/3    祖父母 1/3


配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合

配偶者 3/4    兄弟姉妹 1/4


配偶者のみ相続人の場合

配偶者 全額


これらの例に当てはまらないなど、不明な場合には、お気軽にご相談ください。