さて、誰があなたの財産を相続することになるのでしょうか?
相続人の範囲は法律で決まっています。家族が相続人?それは曖昧ですね。
相続人はどなたが亡くなるか、子供がいるのか、兄弟がいるのか、それぞれの場合によって相続人の範囲は違ってくるのです。ここではそんなお話をします。

Tell/Fax 093−282−3802

■相続人の範囲



相続人の範囲には順位が付けられています。

第〇位 配偶者(順位はありませんが、ここではわかり易く・・・)

第一位  子  (実子、養子を問いません。)

第二位  親  (実父母、養父母を問いません)

第三位 兄弟姉妹

■ 「配偶者」はどの場合でも、必ず相続人となります。
■ 第一位の「子」がいれば子と配偶者が相続人になります。
■ 子がいなければ第二位の「親」
■ さらに親がいなければ第三位の「兄弟姉妹」が相続人となります。

分かりましたか? つまり、上位の人がいなければ、次の順位の人が相続人となるのです。
では、特殊な場合を例にすると

あなたが亡くなったとして・・・

例その1)親は健在。配偶者はいない。子は2人いる。兄弟は2人。
      誰が相続人になるかというと・・・
      2人の子のみです。第一位ですからね。
      二位や三位の親、兄弟姉妹には相続権はありません。

例その2)親も夫もいない。いるのは兄弟姉妹のみ。
      わかりますか?もちろん、兄弟姉妹だけが相続人です。

例その3)妻と親がいる。
      相続人は妻だけ・・・ではありません。
      妻は必ず相続人です。そして順位のある親となります。

各順位にさらに順番が!!

ここは細かいところですが、かゆい所ですから説明します。

第一位の子が亡くなりましたが、孫がいる場合には、孫が第一位です。
第二位の親が亡くなっていて祖父母がいる場合には、祖父母が第二位となります。
第三位の兄弟姉妹が亡くなっている場合には、おい・めいが第三位となります。

これを「代襲相続」といいます。

相続人が誰になるのかを把握することが遺言書の作成、そして相続手続きの最初の一歩ですから、ここはしっかり理解しましょう!

複雑な案件に関してはお気軽にご相談くださいね。