遺言書を作成するにあたり、財産の分配についてみてきました。そして財産の分配についてのみの遺言書を作成したとします。法的に満たされていれば遺言書としてはこれでOKです。


   しかし、これだけでは寂しくないですか?


 遺言書には法律で定められた形式・内容がありますが、それらを守っていれば法律に反しない範囲で、家族への思い・メッセージを残すことができます。これを「付言事項」といいます。付言事項には今までみてきた遺言事項とは違い、法的な効力はありません。

 しかし、家族への思い・メッセージを残しておいたほうが遺言書自体の実効性もでてくるとも考えられますし、残された家族としても嬉しいと思います。

 当事務所としては、遺言事項だけではなく、付言事項もお付けすることをぜひおすすめします。

 例として、『いい妻・子供たちに恵まれて幸せだった。』『自分の骨は大好きだった有明海に散骨してほしい。』等、なんでもいいです。

 また、法定相続人のうち誰か一人に財産を多めに残す場合などは、その理由を書いておくことをおすすめします。

 付言事項は、堅苦しい言葉ではなく、なるべく生の声で残しましょう。