遺言書作成の必要性はみてきましたが、ここでは特に遺言書を書いておいた方がいい人をみていきましょう。

  ■配偶者と兄弟姉妹が相続人になる場合

   この場合は是非遺言書を書いてください。
  専門家として強くおすすめします。
   遺言書を書くことにより、すべて配偶者に相続させること
  ができます。

  ■相続人の人数、遺産の種類、数量が多い場合

  誰が何を取得するかについて明確に指定しておけば紛争
  防止となります。

 ■農家や個人事業主の場合

  相続によって事業用資産が分散することを防止できます。

 ■相続人以外に財産を与えたい場合

  例えば長男にではなく、長男の配偶者に財産を与えたい場
  合です。

 ■先妻と後妻のそれぞれに子供がいる場合

 ■配偶者以外に子供がいる場合

 ■相続人同士の仲が悪い又は疎遠な場合

 以上に該当する方は是非遺言書を書くことをおすすめします。次によくある質問等みていきましょう。