●将来、判断能力の低下が進んで、年金の受け取りや医療費の支払いができなくなったらどうするの?
●最近父のものわすれがひどく、金銭管理などに不安があるのです が‥‥?
●知的障害・精神障害のある子の将来がどうなるか心配です

など、あなたの不安にお答えします。

お気軽にご相談ください。
将来、判断能力の低下が進んで、年金の受け取りや医療費の支払いができなくなったらどうするの?
元気な今のうちに、年金の受け取りや入院の手続き、病院への支払い、支払いのための財産の売却や賃貸などの委任について、任意後見契約で決めておけば安心です。
最近父のものわすれがひどく、金銭管理などに不安があるのですが・・・
まず、お父さんに判断能力があるかどうかの判定が必要です。その結果、不十分と判定された場合、財産管理等の必要性があれば家庭裁判所に対して法定後見開始の申し立てをすることになります。その後、後見人等がお父さんのサポートをします。
知的障害・精神障害のある子の将来がどうなるか心配です
財産の残し方や運用方法、在宅支援あるいは施設への入所、法定後見の申し立てなどについて遺言や任意後見契約で決め手おくことができます。契約内容や遺言に従いサポートします。

判断能力が低下しても心配のないように
任意後見契約手続支援<元気なうちに候補者を決めておく>
例えばこんなことが委任できます
・財産の管理・保存・処分
・金融機関との取引に関する事務
・家賃や年金など定期的な収入の受領及び支払いに関する事務
・生活に必要な送金や物品の購入等
・相続に関する事務
・保険に関する事務
・証書当の保管・手続に関する事務
・介護契約、福祉サービス利用契約等に関する事務
・医療に関する事務