建設現場はもとより、一般の事業所(商店や事務所等)から排出されるゴミは、
ほとんどが産業廃棄物として処理されます。
その収集運搬業を行うには当該保健所を所管する県知事の許可を受けなければなりません。
■許可の必要な場合
産業廃棄物の排出事業者から業務を委託され、産業廃棄物を処分場へと運搬する場合、業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければなりません。
産業廃棄物を積む場所と降ろす場所ごとに必要となります。通過するだけの県で許可を受ける必要はありません。
■産業廃棄物の種類
燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず、鉱さい、がれき類、動物のふん尿、動物の死体、ばいじん、処分するために処理したもの。以上20種類。

産業廃棄物の中でも、有害性の高いものは特別産業廃棄物として別に指定されています。
■許可の要件
・産業廃棄物収集運搬業の許可申請に関する講習会を受講し修了していること
・申請者が使用権限のある運搬車両及び駐車場
・欠格要件に該当していないこと
・経理的基礎の要件