・法人設立(定款・議事録等作成)
・役員改選
・会社法施行に伴う役員、商号等の変更
・目的変更、本店移転、資本金変更
■会社設立の流れ
@会社概要を打合せ A個人の印鑑証明書等を用意 B定款作成し、公証役場で認証C資本金の払い込み D設立書類作成し、代表印等押印 E設立登記申請(設立日)
F1週間程度で登記事務完了、印鑑証明、謄本が取れる G許認可申請、各種届出
1.会社の概要の決定
発起人・役員・商号・事業目的・決算期・資本金額など
会社の設立を進める上での必要事項を決めます。
類似商号、事業目的の適否チェック。
2.印鑑証明書を用意、代表印鑑を発注
発起人、役員等の個人の印鑑証明書を用意。
会社代表印にする印鑑を発注。
*1p〜3pの正方形に入る大きさ
3.定款の作成及び認証
定款とは会社の基本的な決め事を記載した書類のことです。
この定款に記載すべき事項は法で定められており、必ず記載しなければならない事があります。
定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもいいので、都合の良い公証役場を事前に調べ、日時を電話で打ち合せておくとスムーズです。
4.資本金の払い込み
定款において決めた資本金(定款記載の出資額と同額)を出資者自身の名義で払込をおこないます。通常、代表者個人の通帳に振り込みます。
5〜7.設立登記申請
必要書類が揃ったら、登記申請書類を作成し、会社代表印等を押印の上、
本店を所管する法務局に設立登記申請書を提出します。
提出日が、その会社の設立日になります。
法務局は、申請書類を精査し、訂正があれば連絡等の処理をします。
事務手続きに1週間程度かかり、登記が完了すれば謄本・印鑑証明書が取れます。
8.会社設立後の諸届出
税務・労務等の諸届出が必要です。
建設業許可等、許認可の必要な事業は新会社での申請が必要です。