😀今、ホーム・ページリンクで募集しています。
独占禁止法の顧問契約で考えています。
皆さんよろしく。
現在、風俗営業の許可は取得が困難になっています。
例えば、スナックを権利譲渡を受けた、相続によって譲り受けた方々は2号許可の「新規」の申請になります。
飲酒運転をなくしましょう。
ご相談ください。
外国人雇用の際にもご相談ください。
各都道府県警察本部生活安全課・保健所が管轄する風俗営業の許可。
カフェ、喫茶店から麻雀屋・パチンコ屋までご相談ください。
場合によっては覚せい剤取締法が適用になる可能性もあります。
規制区域によって規制が違います。
例えば、今環境問題からリサイクルが見直されており古物商の許可は必携です。
リサイクル基本法の認可もお任せ下さい、各省庁によって違います。
「お問い合わせ」か電話にてお願いします。
風俗営業の許可は今や、暴力団対策法や青少年保護条例や各条例で制約を受け、単独では成り立たなくなっています。
また、出入国管理及び難民認定法では「興行」の許可が厳しくなったことから外国人の雇用が困難になり、不法就労の取締りが厳しくなっています。
ご相談ください。