🏭これからの企業は少子化の影響を受けて優秀な労働者の確保が難しくなります。
私は、労働安全衛生法に基づく衛生工学衛生管理者の免許を有しています、「定期健康診断」を始め、労働安全衛生規則に基づき、あなたの会社の「衛生委員会」を通じて「快適な職場作り」に寄与します。
これからは大きく企業間格差が生まれるでしょう少子高齢化社会で人と同じことをやっていては激しい競争社会がやってきます、いまこそ、先を見越して行動しましょう。
なお、私は、労働衛生コンサルタントではないので顧問先は1社のみとなります。(現在、受験生)
外国人雇用に関してもご相談ください。
労働安全衛生法は労働基準法やこれに基ずく労働者災害補償保険法などの社会法と違い、職業選択の自由に奉仕するという意味で自由権を擁護した法律であると考えます。
しかし、労働安全衛生法は憲法27条の「勤労の権利」を根拠にしています。
しかし、これは企業経営者の側に立てば良い人材を確保できるかという問題は「競争」の範疇にあり、最低基準を謳った労働法を守ればそれでよいという旧来の発想、いわば経費削減という消極的な考えでは目的は達成できず。
より良い人材を確保して、売り上げを上げ、利益を出すという考え方から労働安全衛生法に基づく「快適な職場作り」に着手することが重要だと考えます。
 以上、無断転載を禁ずる。
経営者の皆さん、今OA化に伴い、「うつ病」が問題になっています。 うつ病に関しては、パソコンを始めとするOA機器使用に関して1時間に15分、休憩もしくは違う仕事に従事しろという規程が労働安全規則にあります。 これを規制(強行法規)と見るのは経営者でありますが、これ実は効力規程なのです。 個人はこれを守らなくって良いのです・・・・が守らぬと・・・・。 日本の将来は少子化から大幅な「人手不足」が見込まれています。 政府は今、外国人労働者受け入れのマニュアルを法務省を通じて作成しています。 やがて、優秀な人材は日本国民・外国人を含めて奪い合いの時代に突入するでしょう、これも国際化と言えるのかもしれません。 その時代には「労働者派遣法」に基づく派遣社員を雇っている企業には未来はないでしょう。 今のうちに、正規雇用と、「衛生委員会」を通じた快適な職場作りに着手しましょう。 今、景気は減速しています・・・減速している今だからこそ、ライバル会社に差をつけられるのです。
現在、九州においても大手企業、また先進的な企業さんでは第一種衛生管理者を衛生工学衛生管理者に変え、少子化時代に対応する職場作りに専念する企業が、急ピッチに進んでいます。
年間約40人しか増員されません。(衛生工学衛生管理者は)
皆さんの会社でも検討されてみてはいかがでしょうか?
日本はかつて、アジアの人々が一番働きたい国でした。
しかし、円高に係わらず、今はアメリカ合衆国、中華人民共和国についで3番目になっています。
これは日本の労働条件が悪いせいで今のうちに緊急に対策を講じなければならない問題だと思います。
以上、無断転載を禁ずる。