産業廃棄物処理業

産業廃棄物処理業者をサポートします。

牛島総合事務所は、産業廃棄物に関する申請を
メイン業務としており、実績も多い行政書士事務所です。


産業廃棄物収集運搬業・中間処分・最終処分

また、『社団法人 福岡県産業廃棄物協会』の賛助会員ですので、
申請書類のみならず、業界の動向や最新関連情報及び各自治体情報を
皆様にご提供できるよう努めています。

度重なる法改正にともない、排出側にも処理側にも
罰則が厳しくなる状況です。

業者様が適正(優良)事業者となられるように、
当事務所はご協力を惜しみません。

そのため、当事務所では価格訴求型でのご案内はしていませんので、
金額のみで判断されるお客様はお断りしております。

ぜひ、お客様の現状・今後の方向性やご希望をお聞かせ下さい。
改善点を一緒に見つけていきながら、見積書を作成していきます。

もちろん、産業廃棄物処理業に関する見積書作成は無料です。


産業廃棄物処理業をビジネスとする

産業廃棄物処理業の許可を取るだけでなく、
ビジネスとして成立させ、
御社の業績向上のお手伝いをさせて頂けるよう準備しています。


申請に関するアドバイス及び許可申請書類作成は、
牛島総合事務所にお任せ下さい。

産業廃棄物処理業に関する
許可申請を考えておられる皆様へ

申請書類は自治体との契約書です

残念ながら収集運搬の申請は
最低でも20枚以上の書類を作成することが必要です。

また、作成後に自治体まで何度か足を運ぶことも出てきます。
作成から申請までの標準作業期間を約1ヶ月と考えて
スケジューリングして下さい。

尚、読みやすく、分かりやすく作るのがポイントです。

新規申請・更新申請ともに、
行政書士が一貫してお手伝いします。
知っておきたい申請のポイント
自治体により微妙に申請書式・添付書類に違いがあります。

九州圏内の自治体(山口含めて)は、それぞれ微妙な違いがあります。

特に複数申請を予定されている場合は、
各自治体の基本的スタンスを理解しながら対応しましょう。

何度も足を運び、確認が必要になるなど、時間的ロスが業務上のロスに繋がります。
積込む自治体と荷降ろす自治体の許可が必要です
平成20年4月より福岡県内の申請先が5自治体になりました。
福岡市・北九州市・大牟田市・久留米市、
そして前記以外は福岡県への申請です。

平成21年10月より県の出先機関が変わりました。
事前に申請先の保健所を確認するとスムーズです。

添付書類のほんの一例です
・住民票
・身分証明書
・登記されていないことの証明書
・車検証写し
・車両、駐車場等の写真


【注意事項】
会社の経営状況・個人の資産状況により、
別途求められる書類(収支計画・改善計画など)
があります。


また、運搬車両・土地(駐車場)が自社(個人)所有でない場合は、
賃貸借契約書・使用承諾書が必要になりますので、
事前に所有者に確認しておく必要があります。

講習会は受講されていますか?
新規・更新共に、講習会の受講が要件となっています。

講習会の手引きが必要な方は、牛島事務所までご連絡を。
産廃の運搬には書類の携帯と表示を