風俗営業(バー・ラウンジ・クラブ等)
は、管轄の警察署宛に申請書を提出します。

調査から図面の作成まで一貫してサポートします。

【風俗営業】
風営法(風俗営業等の規制及び適正化等に関する法律)
第2条第1項各号に掲げる営業をするときは、許可が必要です。
【2号営業とは】
2号営業とは、カフェその他設備を設けて客の接待をして
客に遊興又は飲食をさせる営業です。

接待とは、客と歌ったり踊ったり、
客の横に座って酌をしたり話の相手になる行為のことです。
カウンター越しであっても、接待とみなされる場合があります。

クラブ・ラウンジ・ホストクラブなどが該当します。

【2号営業の営業可能時間は】
風営法で午前0時以降に営業してはいけない、と定められています。

但し、条例で定める地域については、午前1時まで可能です。

例えば、
北九州市小倉北区の魚町1丁目〜4丁目、鍛治町1丁目〜2丁目、
京町1丁目〜4丁目、米町1丁目〜2丁目、紺屋町、
堺町1丁目〜2丁目、船頭町、船場町及び古船場町

例えば、
福岡市博多区の中洲1丁目〜5丁目、

などがあります。

他の地域についてお知りになりたいときは
お電話でご質問下さい。
【営業が可能な地域は】
住居系の地域は営業が禁止されています。

また、商業地域かそれ以外の地域で距離の規制があります。

商業地域では
30、50、70メートルの範囲で学校や病院などがないか確認する必要があります。

商業地域以外の地域では、
50、70、100メートルの範囲を調査することになります。