行政書士は行政手続きおよび契約書等の法律文書作成の専門家です。
役所関係の手続きや日常のトラブル等で困ったこと等がありましたら、お気軽にご相談ください。

取扱業務
成年後見制度は判断能力が低下した人たちが 安心して生活を送ることができるようにする制度です。

成年後見がどのようなものかを、介護サービスと対比して説明してみましょう。
介護サービスというと、例えば掃除をしたり、食事を作ったり、あるいは体が不自由であれば服を着替えたり、入浴や排せつの介助といったことを、普通はイメージされるのではないでしょうか。それは、生活する上で、自分でできない部分を手伝うということだと思います。

しかし、社会生活を送る上で、誰かと契約を結んだり、役所関係の手続きを送ったりすることも必要なことがあります。判断能力が低下していたら、それらのことをきちんと行えない可能性もあります。助けが必要なのは、日常生活だけとは限りません。

そのようなことをお手伝いするのが成年後見人です。言うなれば法的な介護を行うヘルパーです。

超高齢社会において「成年後見制度」の存在意義は ますます大きなものになっています。

内容証明郵便の作成、契約書、示談書、協議書等の作成を行います

悪質商法の解約やクーリングオフに関する御相談を承ります。お気軽にお問い合わせください

当事務所では聴聞・弁明手続き代理業務を扱っております


聴聞・弁明の機会の付与とは、行政庁が許可取り消し等の不利益処分をしようとする場合に行う、意見陳述のための手続きです。

簡単にいえば、ペナルティを与える前に言い分を聞くということが聴聞や弁明になります。運転免許取り消しの際の聴聞が、身近な例と言えるでしょう。

この聴聞や弁明次第で処分の結果は変わってきますので、 これらにどう対応するかは重要な問題になってきます。

最悪の結果を防ぐためにも、聴聞や弁明の対応については 専門家にご相談ください。

また行政からの勧告や要請について納得がいかない場合などにも当事務所に対応をご相談ください。

最善の結果を得られるよう、努めてまいります。
当事務所では入管業務・入管に関する申請取次業務に
対応しております。

申請取次業務とは、入国管理に関する手続きの際に
本人に代わって入管に出頭して手続きを行うというものです。

このような業務を行う行政書士を申請取次行政書士といいます。

申請取次行政書士に入管関係の業務を依頼されれば、
わずらわしい入国管理関係の手続きは行政書士が代わって行います。

自動車に関する身近な手続も、行政書士の業務です。また、交通事故に関する相談や、自動車を用いる営業を開始する際にも、行政書士はお力になります。お困りの際は、お気軽にご相談ください。
丸田行政書士事務所の所長の丸田弘篤です。
丸田行政書士事務所を宜しくお願い致します。






お問い合わせはこちら

事務所からのお知らせ
無料相談会のご案内、顧客リンク 等
住所福岡県福岡市東区
筥松1丁目6番2号
TEL092-402-3560
FAX092-402-4441

携帯電話で地図を表示
お手持ちの携帯電話で
右のQRコードを読み取って、
アクセスしてください。
QRコード